ナンパは難易度高め?女子大生がナンパにつられない理由

都心や繁華街でよくあるのが「ナンパ」。その日遊ぶ女の子を探して声をかける人が多数派な一方で、たまたま見かけた本当に好みの女の子に声をかける人もいます。ですがナンパは成功率低め。この理由を探ります。

`ナンパを断る理由3つ

暇じゃない

ナンパの定番の流れ「このあと暇?」。ですが、繁華街に居て暇な人ってかなり極わずかなんです。いいなと思ってもらえても、相手にこのあと用事がある場合がほとんどだと思っていたほうがいいです。

怖い

たまにいる、やたら高いテンションでナンパする人。それ、怖がられてしまうだけですよ。ナンパとはいえ初対面でしょうから、礼儀をわきまえた行動も必要です。

グループでいる

グループの方が飲みに行きやすい、少人数のグループが狙い目…確かにそうですが、そのグループが足を引っ張ることもあります。お互いがノリノリだったら最高!ですが、お友達の顔色を伺ってしまうもの。グループで遊ぶために集まっているのですから、基本的に断られることが多いのです。

では成功するには…?

少しでもナンパの成功率をあげるにはどうしたらいいのでしょうか。

目標は低めに

いきなり「食事に行こう!」「あわよくばホテルに誘おう!」と息巻いていると引かれてしまう可能性大です。とりあえずは「連絡先を交換する」くらいを目標に掲げましょう。先に食事に誘ったり、ホテルに行くことをほのめかしてしまうと、身体目的と判断されてしまうため避けましょう。

相手に合わせた言葉使いで

賑やかそうな女の子にはテンション高め、おっとりした雰囲気の相手には優しく丁寧に。
印象に残る必要はありません。ナンパでの出会い自体があまり良いイメージではないため、できるだけ誠実な印象与えられるように心がけましょう。

ナンパで出会って恋愛に発展…あまり一般的でないからこそ、ハードルが高い出会い方です。しかし、街中で運命の人を見つけてゴールインした人ももちろんいます。
素敵な人を見かけたら、まずは深呼吸して紳士に話しかけてみましょう。

3か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です